2009年11月22日

年の差恋愛を書いた小説

年の差恋愛を描いた小説と聞くと一生懸命最近出版された小説の中から探すかもしれませんよね。

私は小説を読むのは好きですが、年の差恋愛を描いた小説は何かと聞かれて一番に頭に浮かんだのは「源氏物語」でした。

年の差恋愛の小説は他にも沢山あると思いますが、なかなか読みごたえがある小説もありますよね。

年の差恋愛を描いた小説の人物設定に一番多いのはどのような設定だと皆さんは思われますか。

これはその年の差恋愛小説がどんなジャンルの話かによって違いが出てくるかもしれませんよね。

年の差恋愛小説なのだからジャンルは恋愛に決まっているではないかという声が聞こえてきそうですね。

確かにそうなのですが、同じ年の差恋愛と言っても職場、学校などシチュエーションは様々ですよね。

年の差恋愛では上司や部下など何かしら恋愛に障害がある設定が多いような気が私はします。

年の差恋愛ゆえのそのような障害を乗り越えて貫く愛というのが究極のテーマになっているような気がします。

年の差恋愛は小説で読むのと実際に体験するのとでは大きな違いがあるのも事実ではないでしょうか。

小説、漫画、映画などで描かれる年の差恋愛はハッピーエンドに終わることが多いような気がしますね。

しかし、実際の年の差恋愛が結婚まで結びつくというケースはそんなには多くはないのかもしれませんね。

あまりにも大きな差の年の差恋愛はやはり難しい面も多々あるのではないかと思います。

インターネット上のサイトやブログには年の差恋愛を経験した人の体験談が沢山載せられているようです。

皆さんもそのような年の差恋愛体験ブログを参考に恋愛シュミレーションをしてみるのはいかがでしょうか。


ラベル:年の差恋愛
posted by rieman32 at 15:13| Comment(1) | 出会い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Youツ池e the one with the brnias here. Iツ知 watching for your posts.
Posted by JvKvKyJPRfXCKdmyYNl at 2011年05月28日 04:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。