2010年04月11日

結婚式の祝電のぬいぐるみ付き

結婚式の祝電を贈られたときに、ぬいぐるみタイプであればその場では盛り上がるかもしれませんが、意外と新郎・新婦は困っているのです。

結婚式が終わっても忙しいのが新郎・新婦なので、結婚式の祝電をあたふたと片づけたり、持ちかえっていく必要が出てくるのです。

そんな忙しく、あわただしい中で、結婚式の祝電がぬいぐるみタイプであったら、かなりかさばってしまいますし、意外と置き場に困るケースが多いのです。

そこでまともな大人であるならば、結婚式の祝電にはぬいぐるみタイプを選ばないほうがスマートなやり方になるのです。

確かに可愛いですし、ユニークでもあるのですが、受け取ったほうが結構困惑することが多いのがぬいぐるみタイプの結婚式の祝電なのです。

相手のことを思いやるのであれば、簡素な結婚式の祝電の方が喜ばれますし、また保管も簡単ですから、大切にしてもらえます。

結婚式の祝電についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、結婚式の祝電にはぬいぐるみタイプが困る理由も詳しく調べてみましょう。

ぬいぐるみタイプはお贈りするタイミングやシチュエーションを選ぶものであり、あまりお贈りする場合選ぶべきではないのが結婚式の祝電です。

結婚式の祝電をぬいぐるみタイプでお贈りするのは、面白がられはするのですが、受け取った新郎・新婦は扱いに困る場合もあるのです。

そこでぬいぐるみタイプはほかシチュエーションの際の祝電に取っておき、結婚式の祝電はスタンダードなタイプがおすすめです。

たとえば結婚式の祝電はスタンダードなタイプで、新婦の妊娠が伝えられたら、ぬいぐるみタイプをお贈りするということもいいのではないでしょうか。

つまりシチュエーションによってはぬいぐるみタイプの祝電も喜ばれますが、結婚式の祝電には不向きです。

絶対にいけないというわけではないのですが、新郎・新婦のことを考えたのであれば、ぬいぐるみタイプは避けたいのが結婚式の祝電です。




スリッページとポートフォリオに特化した日経225先物取引向け次世代型自動売買トレードシステムQUATTRO堅実運用型投資-クイックタイムFX


ラベル:結婚式の祝電
posted by rieman32 at 10:00| 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。