2010年04月21日

結婚式の祝電のマナー

結婚式の祝電のマナーは、祝電自体が短いものなので、見落とされがちなのですが、いわゆる「暴露話」も違反になります。

つまりこれから幸せになる新郎・新婦が不愉快になったりするような結婚式の祝電になりそうであれば、考え直してください。

素直に祝福の言葉を探しながら、その中から「忌み言葉」を避けて作るのが結婚式の祝電におけるマナーなのです。

結婚式というものはパーソナルなものですから、結婚式の祝電の内容が身内受けと言う場合もマナー違反になります。

「無難で厭だな」と感じるくらいの結婚式の祝電のほうが、実際には好まれていますし、マナーからも外れません。

それだけ結婚パーティーならいざ知らず、もっと格式があがるのが結婚式ですから、結婚式の祝電もある程度は常識に沿ったほうがマナーにかなっています。

結婚式の祝電についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、結婚式の祝電のマナーについてももっと詳しく調べてみましょう。

マナーを面倒に感じる方も大勢いらっしゃるかもしれませんが、これをきちんと踏まえていないと人格を疑われるのが結婚式の祝電なのです。

結婚式の祝電の達人になってきますと、マナーを踏まえながらも、うまくユーモアを交えて送れるようになります。

また結婚式の祝電のマナーで忘れてはいけないのは、下ネタを織り込んで、笑いをとろうとすることはいけない、ということです。

結婚式の祝電で下ネタなどを織り込んだ場合、もっと人格を疑われますし、出席者に不快感を与えてしまう危険性もあるからなのです。

ところが最近は意外と結婚式の祝電のマナーに無頓着な方も増えていますから、自分が公の場面で送られたら困る、という内容は避けるべきですね。

結婚式に出席していらっしゃる方々のこと、新郎・新婦のことを考慮し、マナーを守って送るべきものになっているのが結婚式の祝電なのです。





「聞いた事がない!」プロバイダーの無料サービスで40万円稼ぐ安定して稼ぐ三連複の買い目配信サービス『トリニティシグナル』
ラベル:結婚式 祝電
posted by rieman32 at 10:00| 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。