2010年04月28日

失恋カフェのCD

失恋カフェのCDを聞くことが最近多くなりました。

とういのも、失恋カフェという曲は、どこか歌詞に共感できる部分が多いからです。

失恋カフェというのは言うまでもなく失恋とカフェを掛け合わせた造語でしょう。

実際に、失恋カフェというカフェや喫茶店のような場所を見たことはありませんし。

失恋カフェの歌詞から推測するに、失恋した場所がどこかしらのカフェだったのでしょう。

失恋カフェが入ったCDと聞くと、どうやら失恋をテーマに歌ったものだと思われるかもしれません。

実際に失恋をテーマに歌ったCDは世の中に溢れていますから。

ですが、この失恋カフェはその雰囲気がどこかゆったりとしています。

失恋カフェを聞いていると、自然と身体に染みていくような気になります。

実際に失恋したことがなくても、失恋カフェを聞くとその情景が想像できるのがすごい点でしょうか。

CDで失恋カフェを聞いていて気付いたことといえば、以外と重たくない曲、という点です。

失恋というものを、アーティストがどこかさらりと歌いあげることで失恋カフェが成立しています。

失恋カフェを奏でる楽器の構成も重要なポイントでしょう。

ハードロックなどのドラムとは違い、失恋カフェはパーカッションでリズムの要を作っています。

もちろんドラムも入ってきますが。これは失恋カフェのサビを盛り上げるためのアクセントとして使用されています。

あとは失恋カフェの金管楽器群が奏でるリズムパターンや、カウンターラインが楽曲に彩りを加えています。

これらがテンポよく刻まれることで、失恋カフェがどこかぎりぎりのところで明るさを保っているような気がします。

もちろんコード進行が明るいだけ、という理由も考えられますが実際には失恋カフェはほんのりと明暗を分ける箇所があります。

これらを上手く各楽器が埋めていくことにより、失恋カフェはギリギリのところで落ち込まないよう引き止めている風に聴こえます。

あとはアーティストによるコーラスの付け方も、失恋カフェでは上手く表現されていますね。





パソコン不要!固定報酬6000円の内職ワークパリス昼豚の5万円FX
ラベル:失恋カフェ
posted by rieman32 at 17:00| 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。